最新活動情報 36

先義後利とまちゼミ。「令和3年3月八王子まちゼミ始めます」

まちゼミとは、得する街のゼミナールのこと。現在全国で400か所以上(R2.5現在)の地域、商店会で開催されているコミニケーシヨン事業です。商店街のお店が講師になってプロならではの知識や情報、コツを無料で受講者につたえる少人数のゼミのことです。

一方、先義後利は、弊社の営業方針、道を優先させ益を後回しにしなさいという孟子(もうし)の教えです。「」は、人として当然あるべき道の意味。「」は益のことです。まちゼミ先義後利もまず、自分たちよりお客様の益を考えています。まさに同じ方向性を感じます。

株式会社アヤックスは令和3年3月八王子まちゼミを始めます。八王子まちゼミは今回で15回、弊社は2022年に創業100年を迎えます。何事も続けることで信用や信頼が生まれ、お店や企業の力となります。

「三方よし」の考え方があります。「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手が共に満足し、また社会貢献もできるのが良い商売であるということ。近江商人の心得を言ったものですが、いずれも自分だけのことだけを考え、益を優先するより、まず相手を大切にした方が回り回って自分に帰ってくるという教えです。

栃木県足利市 足利学校 日本最古の学校 現在も市民の学びの場。

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

商人心得帳 37

次の記事

最新活動情報 37