最新活動情報 32

落ちのない話。「事実を伝え、考えるきっかけを作る。」

「スーパやコンビニのお弁当を誰が作っていると思いますか?」20歳前後のスタッフに聞いてみます。すると、不思議な顔をして、考えたことがなかったとほとんどの方が答えます。それでも聞いてみると、「パートのおじさん、おばさんかな?」との答えです。

「あなたと同じ20歳前後の若い人が一生懸命作っているよ!」と伝えるとみなさんビックリします。ネパールやベトナムから研修生等の名目で来日し元気に働いています。実は同年台が作っていると知ると複雑な表情を見せる人もいます。

話はあえてそこで止めます。事実を伝えて、考えるきっかけを作るためです。学生の方には、勉強する環境のありがたさや、自国で働ける喜びなど幾つでも言うことはあります。でも、人から言われたことよりも、自分で気づくと何倍も深く考えます。

落ちのない話、聞きたくなかった」とあるスタッフからの反応がありました。さすがに「今の環境を大切に考えて欲しい」とフォローしました。どうやら、外国人労働者の給与や働く環境にネガティブなイメージを持っていたらしく、事実を伝えると納得していました。

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の記事

商人心得帳 33

次の記事

最新活動情報 33