商人心得帳 84

まねき猫の大福帳 294

逆算する 「ゴールから計画する思え方」

逆算は、数学や算数で「答えから逆算して正誤を確かめる」といった使い方が一般的です。この逆算という言葉を用いた逆算思考というものがあります。

逆算思考は、「ゴールから計画する」思え方としてビジネスシーンで活用されています。設定したゴールに到達するための要素を、段階やステップ別に細かく設定するため、着実にゴールまでの目標を導き出せます。

ゴール自体が大きすぎたり、費用や時間がかかりすぎる場合、目標を小分けにして考えることが必要です。一度に最終ゴールを目指すのではなく、中間地点に小目標をいくつか設け、細かく目標管理を行うほうが効果的。小さな目標管理が積み重ねられ、大きな目標を達成できます。

20年後の組織といった遠くの未来を逆算思考で処理しようとすると、机上の空論になってしまう可能性が高くなります。この場合は積み上げ思考に切り替え、長期的なスパンで「今、自分にできること」「今、組織として取り組むこと」を実施します。このように逆算思考と積み上げ思考の双方を効果的に用いることが重要です。

撮影場所

世田谷城址公園

撮影日

2021.9.5

まねき猫の大福帳

担当猫ふじ

創業者の名前から命名。この物語の主猫公。一番大切な考え方、行動の基本を最もシンプルな言葉で伝えます。左手を挙げるまねき猫は人を呼びます。

まねき猫は私が目指しているもの。大福帳とは江戸時代に日本全国に普及した商業帳簿のことです。

現在、店舗や企業、心やさしき人に向けてSNS投稿を7コンテンツ行っています。この情報に親しみや関心を持ち楽しく伝えたい。そこで、アヤックス小比企町店に実在する8匹(ペア1組)のまねき猫に名前とストーリーを与えて共に街歩きし情報を発見、収集し投稿していきます。

#株式会社アヤックス

#礒間雅也

#経営コンサルタント

#特命スタッフ

#まねき猫の大福帳

#担当猫ふじ

#商人心得帳

逆算する

#逆算思考

#積み上げ思考

#世田谷城跡公園

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!

前の記事

商人心得帳 83

次の記事

商人心得帳 85