商人心得帳 82

まねき猫の大福帳 291

時を置く「八方塞がりの対処法

何らかの問題が発生した際、時間を置いたり、距離を置くことで解決できる場合があります。八方塞がりの際でも、ある程度の間隔をあけると良い方向に転換。「置く」の1つ意味が時間的、空間的に間を空けるということです。

短い「時」も会話には大切。聞き手の注意や関心を引き付けてから、気になっているタイミングで一呼吸置く「間」です。重要なキーワードの前に「間」を取ると効果的。聞き手に伝える情報の新鮮さやインパクトを強く感じてもらい、ワクワク感を演出します。

パソコンなどの機械もアカウントロックがかかっている状態では、正しいログイン情報を入力してもログインできません。一定の 時間を空けると、問題なくログインできる場合があります。

機械を、機会に置き換えると、「機」とは「チャンス」を表します。人事を尽くして天命を待つ、「人事」は人が起こす物事、「天命」は天が人間に与える運命という意味。焦って自分から行動に移さず、時には少し待っことも大切です。

撮影場所

八王子城跡

撮影日

2020.10.12

まねき猫の大福帳

担当猫ふじ

創業者の名前から命名。この物語の主猫公。一番大切な考え方、行動の基本を最もシンプルな言葉で伝えます。左手を挙げるまねき猫は人を呼びます。

まねき猫は私が目指しているもの。大福帳とは江戸時代に日本全国に普及した商業帳簿のことです。

現在、店舗や企業、心やさしき人に向けてSNS投稿を7コンテンツ行っています。この情報に親しみや関心を持ち楽しく伝えたい。そこで、アヤックス小比企町店に実在する8匹(ペア1組)のまねき猫に名前とストーリーを与えて共に街歩きし情報を発見、収集し投稿していきます。

#株式会社アヤックス

#礒間雅也

#経営コンサルタント

#特命スタッフ

#まねき猫の大福帳

#担当猫ふじ

#商人心得帳

散策する

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!

前の記事

商人心得帳 81

次の記事

最新活動情報 83