商人心得帳 80

まねき猫の大福帳 287

散策する「頬に風を感じてリラックス」

散策は、気晴らしや健康などのために、ブラブラと歩くこと。散歩、そぞろ歩き、逍遥(しょうよう)とも言います。「散策」と「散歩」は、共にまちや公園などを歩くことを意味します。

「散策」に含まれる「散」には、バラバラになるや散るといった意味があります。「策」は計画や手段を立てるという意味をもつ漢字。これらを組み合わせた「散策」は、自由な気持ちである程度の計画や目的をもちながら歩くことを意味しています。

自然の中を歩くことで、脳がリラックス。 太陽の光を浴びると体内でセロトニンという脳内神経物質の分泌が促されます。 セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ストレスに対しての効能があり、精神的な落ち着きを得られ前向きな気分になり、睡眠にも効果があります。

自己肯定感を高めたり、不安の症状を軽減するだけでなく、注意力や記憶力、さらには創造する力も向上させる効果があります。上手くいかない時は一度立ち止まり散策。頬に風を感じてリラックスしてまた始ましょう。

撮影場所

都立滝山公園・滝山城跡

撮影日

2021.6.25

まねき猫の大福帳

担当猫ふじ

創業者の名前から命名。この物語の主猫公。一番大切な考え方、行動の基本を最もシンプルな言葉で伝えます。左手を挙げるまねき猫は人を呼びます。

まねき猫は私が目指しているもの。大福帳とは江戸時代に日本全国に普及した商業帳簿のことです。

現在、店舗や企業、心やさしき人に向けてSNS投稿を7コンテンツ行っています。この情報に親しみや関心を持ち楽しく伝えたい。そこで、アヤックス小比企町店に実在する8匹(ペア1組)のまねき猫に名前とストーリーを与えて共に街歩きし情報を発見、収集し投稿していきます。

#株式会社アヤックス

#礒間雅也

#経営コンサルタント

#特命スタッフ

#まねき猫の大福帳

#担当猫ふじ

#商人心得帳

散策する

 

 

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!