商人心得帳 81

まねき猫の大福帳 290

控える 「時には、前に出るより効果的」

何事も限度を超えて、物事を進めると問題が生じます。行いが度を越えないように、ある範囲に留めることや遠慮して制限するなどが控えるの意味です。

食事を常に腹八分目に控えることも大切。人間にとって「食べる」というのは、空腹を満たす以外に、楽しみを与えてくれる存在です。ただ、食べ過ぎは禁物、肥満や成人病を防ぐため、一日3食規則正しく食べましょう。

控えめな人は、周囲に好印象を与える傾向があります他人の意見に反発したり、自意識過剰に振る舞ったりすることが無く、会話をしていても嫌な気分になりません。すぐ傍にいて、諸事に備えてくれる人に同僚や仲間は信頼を寄せます。

近いうちに物事が迫ることや重要なことを忘れないように、後に備えて書きとめることも控えるの意味。メモやノートも要点をまとめるだけでなく、次の行動をどのように行うかを合わせて書けるようになると、ビジネスパーソンとして世に出られると思います。

撮影場所

八王子市中町桑都テラス周り

撮影日

2024.2.28

まねき猫の大福帳

担当猫ふじ

創業者の名前から命名。この物語の主猫公。一番大切な考え方、行動の基本を最もシンプルな言葉で伝えます。左手を挙げるまねき猫は人を呼びます。

まねき猫は私が目指しているもの。大福帳とは江戸時代に日本全国に普及した商業帳簿のことです。

現在、店舗や企業、心やさしき人に向けてSNS投稿を7コンテンツ行っています。この情報に親しみや関心を持ち楽しく伝えたい。そこで、アヤックス小比企町店に実在する8匹(ペア1組)のまねき猫に名前とストーリーを与えて共に街歩きし情報を発見、収集し投稿していきます。

#株式会社アヤックス

#礒間雅也

#経営コンサルタント

#特命スタッフ

#まねき猫の大福帳

#担当猫ふじ

#商人心得帳

控える

記事が気に入りましたら是非フォローをお願い致します!

次の記事

商人心得帳 82